「ユルゲン・クロップ監督、もう一人のアンディ・ロバートソンを見つけた」、リヴァプールが3倍強化する可能性

「ユルゲン・クロップ監督、もう一人のアンディ・ロバートソンを見つけた」、リヴァプールが3倍強化する可能性

リヴァプールにはもう一人のアンディ・ロバートソンがいると言われている。一方で、重要な週を前にして、完璧なタイミングで負傷していた3人の選手が復帰できた。

リヴァプールは日曜日、アンフィールドでノリッジ・シティに対して快勝し、ユルゲン・クロップ監督との最後の別れを告げた。カーティス・ジョーンズ、ダルウィン・ヌニェス、ディオゴ・イオタ、フィルジル・ファン・ダイク、そしてライアン・グラベンチが得点に絡んだ。

レッズは2度の失点を許したが、敗戦の危機や再試合の必要性すら感じさせなかった。この試合は、ファイナル・サードで見せた創造性と冷静なフィニッシュのおかげで、スコアラインに疑いの余地はなかった。

何人かの若い選手が印象的な活躍を見せた一方、クロップ監督はチームに変化を与えて新鮮さを保つことができた。例えば、ファン・ダイクとイブラヒマ・コナテは、センターバックとして出場時間を共有して、体調を整え、次の試合に備えることができた。

EFLカップ決勝に進出し、FAカップでもベスト16に進出した後、今シーズンのリヴァプールには残り4大会が残っている。次はチェルシー、アーセナルとのプレミアリーグダブルヘッダーだ。

重要な週となる可能性があるこの週に向けて、レッズは重要な時期に何人かの主要選手を復帰させた。

我々が学んだこと

ノリッジのボス、デイビッド・ワグナーが試合終了のホイッスルの時に言ったように、4連覇を達成し、クロップ監督を夢のような形で送り出すことは不可能に近い…しかし、それを完全に否定することはできない。リヴァプールは、選手交代を行ないながらカナリアーズの前に立ちはだかり、その過程で選手層の厚さを見せつけた。

アンドリュー・ロバートソン、トレント・アレクサンダー=アーノルド、ソボスライ・ドミニクが怪我から復帰したことは、すでにプレミアリーグで首位に立つチームならともかく、どのチームにとっても大きな強化となる。リヴァプールはすでに手堅い位置にいるが、選手たちが戻ってくれば、状況はさらに良くなるはずだ。チェルシー戦、そしてアーセナル戦というビッグウィークが待っている。

最大の収穫

リヴァプールはここ数シーズン、アカデミーのセットアップで目覚ましい活躍を見せている。アレクサンダー・アーノルドやカーティス・ジョーンズはもちろんその代表例だが、それ以外にも多くの選手が活躍している。

コナー・ブラッドリーはまた格別だったし、ジャレル・クアンサーは今やそれが当たり前になっている。ジェームズ・マコーネルはピッチ中央で最優秀選手賞の候補に挙がっていた。

「ブラッドリーは驚異的だった」とBBCの評論家パット・ネヴィンは5Liveで語った。「ロバートソンのクローンのようだ。彼はとても良いスタートを切ったし、素晴らしかった。どの年代のリヴァプールの選手でも、誇りに思うだろう」。そう思わないのは逆に難しい。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.