ジェイミー・キャラガーの引退がリヴァプールとタイトルに与えた影響

ジェイミー・キャラガーの引退がリヴァプールとタイトルに与えた影響

リヴァプールのレジェンド、ジェイミー・キャラガーは2013年のこの日にサッカー界から引退する決断を発表したが、それはかなりの代償を伴うものだったかもしれない。

プレミアリーグ時代の前夜に生まれた私と同年代のリヴァプールサポーターと同様、ジェイミー・キャラガーは、私がレッズを応援していた形成期を通じて常に存在していた。

1997年1月にクラブでゴールを決めてフルデビューしたことを思い出すには若すぎるが、このクラブのレジェンドに関する最初の記憶は、実は1999年9月のマンチェスター・ユナイテッド戦での2つのオウンゴールだ。しかし、その試合は、私が彼のリヴァプールでのキャリアで最も悔やんでいる「オウンゴール」ではない。

イアン・キャラハンに次いでクラブ歴代2位の出場回数を誇るキャラガーは、レッズに在籍した17年間で737試合に出場した。その間に、1つを除くすべての主要な栄誉を手にし、そのすべてにおいて重要な役割を果たした。

2001年のリーグカップ決勝でバーミンガム・シティ相手にPK戦の勝利を収めたのは彼のPKのおかげで、私のリヴァプール応援人生初のトロフィーがもたらされた。 もちろん、キャラガーが左サイドバックとしてプレーしたシーズンには、アーセナルとアラベスを破ってレッズがカップ3冠を達成するのに貢献したため、その数か月後にはさらに多くのことが続くことになる。

ラファ・ベニテスのクラブ加入後、本命のセンターバックに復帰した彼が、イスタンブールでけいれんと闘いながら、リヴァプールが予想外の5度目の欧州カップ制覇に貢献するために体を張って戦い続けた姿を誰もが覚えている。

ラファ・ベニテスのクラブ加入後、本命のセンターバックに復帰した彼が、イスタンブールでけいれんと闘いながら、リヴァプールが予想外の5度目の欧州カップ制覇に貢献するために体を張って戦い続けた姿を誰もが覚えている。

一方、スティーヴン・ジェラードが欠場した翌年8月の欧州スーパーカップでは、レッズのキャプテンを務め、CSKAモスクワを相手に3-1の勝利を収めた。そして、FAカップ決勝のウェストハム・ユナイテッド戦ではオウンゴールでシーズンを終えたものの、最終的には3-3の末、PK戦でリバプールの勝利に貢献した。

しかし、それ以降、優勝することはできなかった。2006年8月、リヴァプールのキャプテンとしてコミュニティ・シールドの栄光に輝いたとき、キャラガーは5年半で10個目のトロフィーを手にした。それから7年後の2013年5月に引退したとき、2012年に獲得した3つ目のリーグカップ優勝メダルのみが、リヴァプールに与えられた唯一のトロフィーとなった。

キャラガーはレッズがウェンブリーでカーディフ・シティと対戦する前月に34歳になっていた。 リヴァプールがPK戦で勝ったため、86分にケニー・ダルグリッシュが途中出場しただけだったが、おそらく12か月後に発表される決断に影響を与えたのだろう。

35歳になったキャラガーが2012/13シーズン限りでの現役引退を表明したのは、2013年のこの日だった。その決断は、私が今でも思い悩み、残念に思っていることのひとつである。

当時は納得がいった。2010年夏にラファ・ベニテスがクラブを去った後、DFの出場時間は徐々に減り始めていた。

2000/01年から2009/10年まで、足の骨折で中断した2003/04年を除き、1シーズンを除いて50試合以上に出場していたDFは、2010/11年、肩の脱臼で38試合の出場にとどまった。しかし、少なくともそのうちの1試合以外は、最初から出場していた。

2011-12シーズンは、全大会で31試合に出場し、そのうち27試合は先発出場だった。2012年FAカップ決勝のチェルシー戦での敗戦を含め、交代要員として出場した18試合は、レッズでのキャリアで最大の出場数だった。

2012/13シーズン前半、ブレンダン・ロジャーズが引退を宣言するまでは、結局同じことの繰り返しだった。引退発表前、アーセナルとマンチェスター・シティとの2-2の引き分けに先発し、ノリッジ・シティを5-0で破り、プレミアリーグで3試合連続の先発出場を果たしたものの、その時点での通算成績は先発15試合、交代出場9試合、未使用の交代出場15試合だった。

リヴァプールでのキャリアを通じて、ほぼ毎週のように先発出場を続けてきた選手にとって、新たな現実は受け入れがたいものだったのは明らかだ。しかし、引退を発表した後もロジャースの先発メンバーに残り、16試合連続で先発出場を果たし、1試合欠場しただけで現役生活を終えた。

その結果、2013年3月、引退を発表してからわずか1ヶ月後、キャラガーは復帰を果たしたにもかかわらず、引退の決断を覆さないことを主張した。

「決断はすでにしているし、それ以降起きたことも考えを変えさせるものではない。調子が良いからといって考え直したわけではない。」

「世間では『プレーしてるんだからもう1年やれ』と言う人もいる。でも、むしろチームに復帰したことで、決断が正しかったことを確認できた。」

「良い状態で去りたいんだ。まだトップレベルでやれることを証明したい。今シーズンはチームに残り、できるだけ多くの勝利に貢献するのが目標だ。最高な形で去ることができると思っている。」

「確かにここ1年間はスタメン出場機会がなく苦しかった。毎週プレーしたいという気持ちはなくならなかったし、復帰できて嬉しい。」

「もう1シーズン続けることもできる。だけど、夏にクラブは同じポジションの選手を獲得するだろうし、再び控えになるのは嫌なんだ」

キャラガーの決断は正しかったことが最終的に証明された。マンチェスターシティからコロ・トゥーレがフリー移籍で加入し、代役となったが、リヴァプールは移籍最終日にママドゥ・サコーとチアゴ・イロリを獲得するために2200万ポンド(約35億2000万円)を費やした。

ダニエル・アッゲル、キャラガーの後任副キャプテン、マルティン・シュクルテル、マーティン・ケリー、アンドレ・ウィズダムらに加えて、新たに加入した3人は、ロジャーズに7人のセンターバックから選ぶ選択肢を与えた(負傷中のセバスティアン・コアテスを含めれば8人)。しかし、現実的には4人のベテラン選手しか選択肢にならなかった。

キャラガーがクラブを去った2013/14シーズンに入る頃には、どこか違和感があった。シモン・ミニョレがGKでペペ・レイナと交代し、ホセ・エンリケが負傷のため左サイドバックをシーズン中のほとんど欠場したリヴァプールは、キャラガー引退後の大幅に変わったディフェンスラインで守備的に苦しんだ。

2013/14シーズンはプレミアリーグで50失点し、1995年にイングランドトップリーグが20チーム制になって以来、最多失点となっている。しかし、ロジャーズ率いるチームは、チェルシー戦でのジェラードのスリップとクリスタル・パレス戦での3-0リードからの逆転負けによりマンチェスターシティにわずか2ポイント差で優勝を逃すという、悪名高いプレミアリーグタイトルレースを繰り広げた。

古巣のリヴァプールがタイトルに挑戦する中、キャラガーは自分の引退が早すぎたのではないかと考えることもありました。しかし、同時に彼は36歳になっていたことも指摘している。

「誰もこんなことになるとは思っていなかっただろう」と彼は当時語った。「それに参加できていたら最高だっただろう。僕の場合は(スティーヴン・ジェラードと)似たような立場にあったんだ(プレミアリーグ優勝だけが逃したタイトルだったという点で)。でも、36歳でこのシーズンに出場していたかどうかは分からないね。

それと、ミスをして失点させてしまったら?一生抜け出せなかっただろうね!彼らは僕がいなくても上手くいっていると思うよ、心配しないでくれ。チーム、ブレンダン、サポーターは皆一致団結していて、素晴らしいシーズンを送っているんだ。」

2014年4月、ジェラードがチェルシー戦でまさかのスリップする1ヶ月前にこのような発言をしたため、当時彼が想像していたよりもずっと真実味を帯びている言葉となっている。

結果的にキャラガーは引退のタイミングについて後悔していない。もし2014年に実際にリーグ優勝を果たしていれば、その気持ちは変わっていたかどうかは彼本人しか知らない。

「引退のタイミングについては後悔はないけれど、引退後のシーズンで一つだけやりたかったことがあって、それはチェルシー戦の後半に出場することだった」と彼は昨年、ECHOのコラムニストでありリヴァプールレジェンドのジョン・オルドリッジがホストを務める「Aldo Meets」ポッドキャストで語った。

「唯一、自分が違いを生み出せたかもしれないと思う試合がチェルシー戦なんだ。35歳でピークを完全に過ぎていたとしても、あの後半戦に出場できていたら最高だったろうね。アンフィールドでKOPに向けて攻撃を仕掛けた回数は数え切れないほどあるんだ。チャンスがなくても、正しいプレーを繰り返せば何かが起きる、必ずそうなる。

チェルシー戦の後半、僕たちはそういうプレーができなかった。だから、自分がピッチにいたら何かをもたらせられただろうか、どうしても考えてしまう。遠距離からのシュートでパニックになり始めていたんだ。スティービー(ジェラード)は少し冷静さを失って、(ルイス)スアレスは消えてしまい、まるで全てが窓の外に逃げ出してしまったように見えた。」

彼は続けた。「サポーターたちに『終わった』と思われたり、メンバー表を見て『ああ、キャラガーが出場するのか』って心配されたくないんだ。

だから、引退する2年前にはその決断が近づいていることを知っていた。僕は負けや不調なパフォーマンスをあまりにも個人で背負ってしまうタイプだったし、もうそれを望まなかったんだ。ブレンダン・ロジャーズと初めて会った時に、シーズンの終わりで引退することを伝えた。自分がもう終わりだとわかっていた。」

キャラガーは後悔していなかったかもしれないけど、2013年の夏に再起し、あと1シーズン戦えるだけのパワーが残っていると思っていたら、どうなるかどうしても考えてしまうね。

「チェルシー戦の後半、僕たち(リヴァプール)はうまく立ち回れなかった。もし自分がピッチにいたら何かを変えられたかもしれないとどうしても考えてしまう。パニックになり、遠距離からのシュートを打つ始末だった。スティービー(ジェラード)は冷静さを失い、(ルイス)スアレスは沈黙し、全てが崩れてしまったように見えた。」

「引退する2年前にはその決断が近づいていることを知っていた。負けや不調を個人で背負いすぎていたし、もうそんなのは望まなかった。ブレンダン・ロジャーズと初めて会った時、シーズンの終わりで引退することを伝えた。もう終わりだとわかっていた。」

「キャラガーは後悔していないかもしれないけど、2013年の夏に再起し、もう1シーズン戦えていたら、どうなっていたかどうしても考えてしまう。」

クラブのために血、汗、涙を流してきた選手であるキャラガーがいたなら、50失点という記録は作られなかっただろう。彼は失点を自分の侮辱ととらえるような選手だった。ウェスト・ブロムウィッチ戦では、クリーンシートを守るためにチームメイトのアルバロ・アルベロアを掴んだことでも有名だ。

2013/14シーズン、シュクルテルはレギュラーとして出場したが、安定したセンターバックパートナーがいなかった。アッガーとトゥーレはそれぞれプレミアリーグで20試合、サコは18試合に出場した。

シュクルテルとアッゲルはそれぞれ8度のクリーンシートに貢献した。トゥーレとサコはそれぞれ3回と1回。キャラガーは16シーズン中、1シーズンでプレミアリーグ20試合未満に出場したことがなく、11シーズンで少なくとも10回のクリーンシートに貢献している。

記録によると、シュクルテルとトゥーレは合わせて4回のミスが失点につながり、5回のオウンゴールを喫した。キャラガーの508試合のキャリアにおける失点につながるミスは、記録が不完全で1回しかカウントされていない。しかし、オウンゴールが多い選手としても、1シーズンで2回以上記録したことはない。

2014年10月、リヴァプールレジェンドのジミー・ケースはキャラガーの引退を嘆き、彼がまだ現役だったらプレミアリーグ優勝していたはずだと主張した。

「6ヶ月前、彼らは少しだけ経験、狡猾さを欠いていた。それが全てを変えていたかもしれない」と彼はミラー紙に語った。「キャラーガーがもう1シーズン残っていたら、リヴァプールは優勝していた。彼は全ての試合に出場したわけではなかっただろうが、チェルシーとクリスタル・パレス戦での負け方は起こらなかっただろう。スティーブン・ジェラルードはチェルシー戦でスリップしたかもしれないが、彼は最後尾ではなかったはずだ。キャラーガーがカバーしていたなら、デンバ・バはゴールを決めることはできなかっただろう。」

「そしてパレス戦での最後の10分での3失点も、もしジェイミーがいて最初の失点の芽を摘んでいたら、絶対に起こらなかっただろう。彼は組織し、シャッターを下ろしたはずだ。キャラガーがいたら、リヴァプールは昨シーズンほど失点しなかっただろう。だからこれは彼のせいだ!」

リヴァプールを去った選手の中には、かつての輝きを取り戻せなかった者もいる。トップで引退したキャラガーは、少なくとも同じ轍を踏まなかった。彼は2013年にKOPを「もっと見たい」という気持ちで残した。

彼の決断は当時の状況を理解すれば納得できるものだった。彼のクラブへの貢献は疑う余地がなく、彼は毎試合全てを捧げていた。

「2014年、もしジェイミー・キャラガーが引退していなければリヴァプールはプレミアリーグ優勝していたはず。」

あの苦いタイトル逃走から10年経った今でも、僕はこの丘の上で死にたいくらい本気でそう思っている。彼が去った穴は、4年半後に7500万ポンドという当時クラブ最高額で獲得されたフィルジル・ファン・ダイクが現れるまで埋まることがなかった。

マンチェスターシティの記録的な115得点によって2013/14シーズンのタイトルレースの歴史が書き換えられ、何人かのリヴァプール選手たちは思わぬ形で救われるかもしれない。しかし、キャラガーはその一人ではないだろう。

2020年にユルゲン・クロップ率いるチームが優勝して当時の辛さが薄らいだとはいえ、キャラガーの早すぎる引退は、彼のレジェンド溢れるリヴァプールキャリアにおいて、皮肉にも最大の”オウンゴール”となってしまった。彼自身は後悔していないかもしれないが、10年以上経った今でも、多くのサポーターはそのシーズンの夢破れたことに対して同じようであることは間違い無い。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.