フラム相手にアンドリュー・ロバートソンが復帰も9人が欠場、リヴァプールFCの戦力状況

フラム相手にアンドリュー・ロバートソンが復帰も9人が欠場、リヴァプールFCの戦力状況

リヴァプールはEFLカップでフラムに挑むが、アンドリュー・ロバートソンがメンバーに復帰する一方で、ユルゲン・クロップ監督にとっては9人の選手が欠場することになる。

リヴァプールのチームはここ数週間、怪我や国際試合で10人の選手を離脱しているにもかかわらず、なんとか試合に勝つことができた。 欠席者の中にはすぐに復帰する人もいるが、スケジュールが緩む気配はない。

最優先事項は明らかに今夜のフラムとのEFLカップ準決勝第2戦であり、アンフィールドでの第1戦で2-1で勝利したことに続き、ウェンブリーでのプレーも視野に入っている。 試合に先立って最もエキサイティングなチームニュースは、アンドリュー・ロバートソンが復帰できるかもしれないということだ。

アシスタントコーチのペピン・ラインダース氏はクラブの公式ウェブサイトで「現在13週目だ。彼は完全復活に向けて外科医と面会し、コンディションに問題ないことを確認した」とクラブの公式ウェブサイトで語り、「彼は渡航する予定だ」と付け加えた。 トレント・アレクサンダー=アーノルドとソボスライ・ドミニクにはまだ時期尚早だが、ラインダースは彼らが日曜日のFAカップの試合に向けて準備ができる可能性があると示唆した。

負傷者リストは緩みつつあるかもしれないが、レッズが待ち続ける選手はまだたくさんいる。 コスタス・ツィミカスはロバートソン、アレクサンダー=アーノルド、ショボシュライに大きく遅れを取らないことを期待しており、ステファン・バイチェティッチとチアゴ・アルカンタラは来月練習に復帰できるはずだ。

ベン・ドークは膝の負傷で手術を受け、長期離脱となりそうだが、ジョエル・マティプのシーズンは終わりそうだ。さらに心配なのは、モハメド・サラーが間もなく治療に入ることだ。サラーはアフリカネイションズカップに、遠藤航はアジアカップに出場している。サラーは先週のガーナ戦で負傷し、治療のためにリヴァプールに戻ることになっているが、早い段階での見通しでは、最長で1ヶ月の離脱を余儀なくされる可能性がある。

今夜の試合ではまだ9人の欠場が決まっているものの、クロップ監督はウェンブリーに向かうための戦力が十分にあることを望んでいることだろう。次に、フルアムとのEFLカップ決勝進出を狙うレッズの、クロップ監督が起用可能な選手の全リストをお届けする。

【ゴールキーパー】
アリソン・ベッカー
クィービン・ケレハー
アドリアン

【ディフェンダー】
フィルジル・ファン・ダイク
イブラヒマ・コナテ
ジョー・ゴメス
ジャレル・クアンサ
コナー・ブラッドリー
オーウェン・ベック

【ミッドフィルダー】
アレクシス・マック・アリスター
カーティス・ジョーンズ
ハーヴェイ・エリオット
ライアン・グラフェンベルフ

【フォワード】
ルイス・ディアス
コーディ・ガクポ
ダルウィン・ヌニェス
ディオゴ・ジョッタ

【負傷中の選手】
トレント・アレクサンダー=アーノルド
チアゴ・アルカンタラ
ステファン・バイチェティッチ
コスタス・ツィミカス
ジョエル・マティプ
ベン・ドーク
ソボスライ・ドミニク

【不参加の選手】
モハメド・サラー(負傷中)
遠藤 航

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.