ユルゲン・クロップのリヴァプールでの最新の決断に、各国メディアは驚きを隠せない

ユルゲン・クロップのリヴァプールでの最新の決断に、各国メディアは驚きを隠せない

ユルゲン・クロップ率いるリヴァプールが、水曜夜にアンフィールドで行われたプレミアリーグの試合でチェルシーに4-1で勝利し、マンチェスター・シティとアーセナルとの勝ち点差を5に戻した。

リヴァプールはチェルシーに勝利し、プレミアリーグ首位との勝ち点差を5ポイントに戻した。

レッズは、ディオゴ・イオタ、コナー・ブラッドリー、ドミニク・ショボシュライ、ルイス・ディアスのゴールにより、アンフィールドでチェルシーに見事な勝利を収めた。リヴァプールはこれで、ミッドウィークの試合で勝利したアーセナルとマンチェスター・シティに勝ち点5差をつけた。

ユルゲン・クロップ率いるチームは現在22試合を終えて51試合となり、プレミアリーグではここ4試合勝利している。ニューカッスル戦、ボーンマス戦、そして今回のチェルシー戦と、過去3試合でレッズはそれぞれ4ゴールを決めている。

リヴァプールはこの日曜日、アーセナルとの首位攻防戦に備える。レッズは、先月行われたFAカップでの対戦で勝利を収め、プレミアリーグ首位との差を広げるべくエミレーツ・スタジアムに乗り込む。

多くの国内メディアが水曜日、リヴァプールのチェルシー戦勝利を報じるためにアンフィールドを訪れた。ここでは、レッズについて書かれたものを一挙紹介していく。

スコアラインはリヴァプールの優位性を反映していなかった

タイムズ紙のヘンリー・ウィンターは、「ユルゲン・クロップのお別れツアーは加速し続けており、ここで歓声を上げるコップの前で軽量チェルシーのチームを駆け抜けた。リヴァプールのファンはクロップへの愛と、早熟な右サイドバックのコナー・ブラッドリーへの喜びを歌った。 試合の様子、そしてプレミアリーグで首位に立った喜びを歌った。

「スコアラインはリヴァプールの優位性を反映していなかった。ダルウィン・ヌニェスは1人で4点取れたかもしれないが、チェルシーのゴール枠の違う部分を見つけ続けていた。ブラッドリーはスタンディングオベーションを浴び、トレント・アレクサンダー=アーノルドとの交代を命じられた。この調子なら、クロップ・マニアが続く日曜日にエミレーツで行われるアーセナル戦では、ブラッドリーはアレクサンダー=アーノルドよりも先に先発するに値するだろう。」

さらに、「リヴァプールは個人の能力以上のものを重視している。特に4つのトロフィーを追いかけるこの目まぐるしい昼夜においては、彼らは感情のままに走り、お互いのために、そして特に愛する監督のためにプレーしている」と付け加えた。

「コップはクロップの名前を歌い、選手たちはピッチで彼のためにプレーした。クロップは、再建され、再活性化されたチームと、抜け目なく獲得した選手や、4試合で5アシストを記録している84番のような抑えきれない若手によって強化されたチームを残していくことを知っている。」

コナー・ブラッドリーがショーを仕切る

アンディ・ハンターは『ガーディアン』紙にこう書いている: 「クロップが残したリヴァプールのチームへの信頼は、ハイテンポでハイレベルなパフォーマンスで再び証明された。執拗なプレスでチェルシーにプレーする時間を与えず、ジョルジェ・ペトロヴィッチのゴールがほぼ見えているところへシュートを放った。ブラッドリーは、70年前のサミー・スミス以来となる北アイルランド代表の得点者となり、4試合で5アシストを記録した。ダルウィン・ヌニェスは4度ゴールの枠(1度はPK)を叩き、11本のシュートを放ちながら無得点に終わった。チェルシーはロスタイムに最初のコーナーキックを獲得した。

「トレント・アレクサンダー=アーノルドの代わりにブラッドリーを起用したのも、クロップ監督の辣腕の一例だ。副キャプテンが不在の間に到達した高み以上に、若いDFのプレーを向上させる大きな信頼を示したのだ。

「ユルゲン・クロップがリヴァプールの強力なユニットを再構築した一方で、チェルシーはトッド・ベーリーのもとで10億ポンドを浪費し続けている。両者の対照的な運命とアプローチは、リヴァプールの生え抜きの才能、コナー・ブラッドリーが、プレミアリーグ首位のマウリシオ・ポチェッティーノ率いるチームを解体するのに貢献したことで、鮮明に浮き彫りになった。

「ウェンブリーでの対戦を1ヶ月後に控えたEFLカップ決勝で、クロップのチームは相手を翻弄した。リヴァプールはもうカウントダウンしている。チェルシーも戦々恐々としているに違いない。」

上位陣による残酷な支配

ニザール・キンセラは『スタンダード』紙にこう書いている: 10年前、チェルシーは “”サーカスのピエロ “”になることを拒否し、ジョゼ・モウリーニョ率いるチームがアンフィールドで2-0の勝利を収め、タイトルに大打撃を与えた。

「10年後、チェルシーは無残にも格上に支配され、ユルゲン・クロップのタイトル争いを邪魔することはできなかった。リヴァプールが首位との勝ち点差を5ポイントに戻したからだ。」

「試合では、チェルシーはクロップ監督の長期にわたる退団パーティーの余興となった。リヴァプールがマンチェスター・シティとアーセナルを引き離し、チェルシーに20点差をつけたため、彼らは審判の判定に文句を言う以外に何もできなかった。」

トレント・アレクサンダー=アーノルドが競争に直面

テレグラフ紙のジェイソン・バートは、「スターの誕生だ。リヴァプールの輝かしい歴史を考えると、リヴァプールでプレーすることになると常に大胆な発言だが、コナー・ブラッドリーがそのようなパフォーマンスを見せたのはまさにそれだ」と書いた。 今後何年も語り継がれるだろう。

「プレミアリーグ出場わずか2試合目での傑出したゴールと2アシストに続いて、惨敗したチェルシーに屈辱を与えて最終的に交代となったとき、熱狂的なスタンディングオベーションが起こった。彼の名前はコップ中に響き渡った。そして、それは勝ち取ったものなのだ。

「彼の後任?それはリヴァプールの右サイドバックとして長い間代えがたい存在であったトレント・アレクサンダー=アーノルドだったが、驚くべきことに現在は北アイルランドのキャッスルダーグ出身の20歳のアカデミー出身で同じくプレーする選手とその座を争っている。ユルゲン・クロップ監督が要求する、恐れを知らぬ前足のサッカーだ。」

ユルゲン・クロップがコップを無視するはずがない

『リヴァプール・エコー』紙のポール・ゴースト記者は、「日曜日の試合後のショーを否定したユルゲン・クロップが、もう一度コップを無視するはずがない。確かに、この後ではね。

「今季これまでで最も説得力のあるプレーでチェルシーを打ちのめしたクロップは、リヴァプール信者の魂を揺さぶるトレードマークのガッツポーズでそれに続く義務があると感じていた。彼がそう思わないわけがない。

「ここ数日は、過去10年の大半を変革してきたクラブから監督が去るという衝撃的な発表に動揺しているファンベースにとって、感情的な時間だった。」

「しかし、ここ数日は、2015年10月以来、ここでの楽しい時間の多くを担ってきた男について真正面から語られる一方で、サポーターはもう一度身を固め、カリスマ的な才能を持つ指導者の願いを叶えなければならない。少なくとも今後数カ月は。

「この4-1の勝利で勝ち点5のアドバンテージを取り戻したプレミアリーグの首位チームは、アンフィールドでまだ多くのプレーを残しているため、4つのトロフィーを目指すことよりも彼のニュースがキャンペーンのメインテーマとならないことは許されない。確かに、チームの真の進歩が予定よりかなり早く進んでいるときには、そうもいかないだろう。」

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.