久保建英、レアル・ソシエダと2029年まで契約延長

久保建英、レアル・ソシエダと2029年まで契約延長

ラ・リーガのレアル・ソシエダは2月12日、久保建英選手との契約を2029年まで延長したと発表した。

「このチームとともに成長を続けていきたい」と22歳の日本代表アタッカーはクラブを通じてコメントを発表した。

久保は2019年にFC東京からレアル・マドリードに加入し、マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェへのレンタル移籍を経て、2022年夏に完全移籍でレアル・ソシエダに加入した。

バルセロナの下部組織出身の久保選手はレアル・ソシエダに順応し、昨シーズンはラ・リーガ日本人最多となる9ゴールを記録した。

今シーズンはレアル・ソシエダがチャンピオンズリーグの決勝トーナメントに進出するなど、チームとしても好調。

久保選手とレアル・ソシエダのさらなる飛躍に期待が高まる。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.