性的暴行疑惑の伊東、当面は日本代表に留まる

性的暴行疑惑の伊東、当面は日本代表に留まる

日本サッカー協会は木曜日、性的暴行疑惑を受けた伊東純也をアジアカップに出場する代表チームから遠ざけるという、先日発表した決定を保留にしたと発表した。

日本代表の山本昌邦監督はドーハで、「今は彼をチームに残す方向で動いている」と語った。2 人の女性が昨年、伊東から性的暴行を受けたと主張しているが、伊東の弁護士によれば、伊東は彼女たちの主張を否定しており、虚偽の主張で刑事告訴しているという。

日本は土曜日にカタールの首都の西に位置するアルラヤンでイランとのアジアカップ準々決勝を控えている。

チーム全体が伊東の残留を望んでいる、と山本は言い、伊東が追放される可能性もあると付け加えた。

JFAの幹部は金曜日にこの件について話し合う予定である。

木曜日未明、JFAはフランスのスタッド・ドゥ・ランスに所属するMF伊藤の代表チームからの離脱を発表し、この問題は「慎重な対応が必要」であり、選手の心身のコンディションを考慮したものであると述べた。

捜査関係者によると、30歳の伊藤は女性から刑事告訴され、大阪府警が捜査中だという。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.