海外組がアジアカップで味わった苦い経験

海外組がアジアカップで味わった苦い経験

カタールで開催されたアジアカップ準々決勝で敗退した日本代表は、優勝候補の名に恥じない活躍を見せられなかった。

ボールを蹴る前から、ヨーロッパを拠点とするスター選手たちは、シーズンの重要な時期に所属クラブを離れることを余儀なくされる大会日程に公然と疑問を呈していた。

彼らのコメントは、海外リーグでかつてない成功を収めている日本の選手たちのジレンマを反映していた。不本意であろうと、そうでなかろうと、何人かのメンバーは、タイミングの悪い国際大会に集中しきれていないように見えた。

アーセナルのDF冨安健洋は土曜日の準々決勝でイランに2-1で敗れた後、「私自身を含めて、我々にはまだ本当に足りないものが多く、情熱とピッチ上での振る舞いの面でもっと戦わなければならない。特に後半は、(チームの)情熱を感じることができなかった。」と語った。

選手たち同様、森保一監督も2026年のワールドカップ優勝を目標に掲げており、アジアカップはそのためのステップだと公言している。GKという重要なポジションに経験よりも若さを選んだのは、彼が目先の成功よりも長期的な目標を重視していることを示している。

大胆にも、森保監督は2022年ワールドカップから3人のGKを一人も続投させないという選択をした。わずか21歳の鈴木彩艶は、新トリオの中で最もキャップ数の多いメンバーで、過去に3度シニアの試合に出場している。日本代表のアジアカップでは5試合すべてに出場したが、いずれもクリーンシートは達成できなかった。

ワールドカップでの活躍と、それに続く10連勝の記録から生まれた森保ジャパンの手ごたえは、アジアカップでの早すぎる敗退によって、一部のファンにとっては遠い記憶となったことだろう。

同監督は、グループリーグで2-1で敗れたイラク戦で左サイドに南野拓実を起用し、実を結ばなかった以前の体制を復活させたことで日本で厳しい批判を集めたが、イラン戦では適切な交代ができなかったことを認めた。

昨年6月に起きたとされる性的暴行の告発を受け、FW伊東純也が大会中に離脱したことで、チームは攻撃の主軸を一人欠くことになった。

主要な国際大会のトロフィーを手にする唯一の現実的なチャンスを逃した日本代表の監督と選手たちは、最終的に大きな試練となった大会から多くの反省点を得た。

日本代表主将でリヴァプールMFの遠藤航は「厳しい試合に勝ち、トーナメントに進むことが我々が取り組まなければならない課題です。トーナメントで優勝するチームの背後には理由があると思います。それが何なのかを私たち一人ひとりが考えなければなりません。」と語った。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.