ウェッブがオデゴーのハンドボールミスを指摘、レッズはカークビーに戻り、ウィリアムズはレンタル移籍を去る

ウェッブ、オデゴーのハンドボールミスを指摘

ユルゲン・クロップとそのレッズ軍団にとって、戦いに戻る時がやってきた。今週末、プレミアリーグでボーンマスとのアウェー戦に備えている。

 

クロップ監督率いるチームがカークビーに戻る

リヴァプール男子のトップチームは、短い冬休みを終え、水曜日にAXAトレーニングセンターに戻る。クロップ監督と選手たちは、4つの面で栄光を追い求める壮大な数カ月になるであろう準備のため、トレーニングに参加する。
先週のEFLカップでフラムFCに勝利した後、レッズの選手たちは世界中を旅立った。ハーヴェイ・エリオットはバルセロナ、トレント・アレクサンダー=アーノルドはミラノ、カーティス・ジョーンズはニューヨーク。クロップ自身はアレクシス・マック・アリスターとともにドバイを訪れ、ルイス・ディアスとダルウィン・ヌニェスはかつて所属していたFCポルトとアルメリアを訪れた。
ハムストリングの問題でここ2試合欠場しているドミニク・ショボシュライが今週、練習に復帰するかどうかが注目される。月の後半には、アレクサンダー・アーノルド、アンディ・ロバートソン、コスタス・チミカスの復帰をクロップは望んでいる。
リヴァプールがキャンペーンを成功裏に終えるには、全員の力が必要だろう。

 

ウェッブ、オデゴーのハンドボールミスについて

マッチオフィシャルの最新エピソードが火曜日に放送された: 『Mic’d Up』では、アーセナル主将のマルティン・オデゴーが12月23日にプレミアリーグでリヴァプールと引き分けた際の出来事が取り上げられた。
アンフィールドでの1-1のドローの前半、明らかなハンドボールと思われたオデゴーは罰を免れ、現場のレフェリーであるクリス・カバナーとVARのデイビッド・クートはともにPKを与えるべきではないという意見で一致していた。このたび公開された音声映像では、カバナーがオデゴールの「手が床についている」と誤って指摘し、クートとアシスタントVARのリー・ベッツが、アーセナルの選手が足を滑らせたと判断して、現場の審判に「チェック完了」と素早く指示を出している。特にベッツは、「ざっと見た限りでは……」と現場の判定を支持した。
PGMOLのチーフであるハワード・ウェッブ氏は、この出来事を振り返って次のように述べた:
「現場のレフェリーは、オデゴーが足を滑らせ、腕が地面に向かっていくのを見た。誰かが転んだり、腕で転倒を防いだりした場合に腕をサポートすることは、かなり確立された概念である。しかし、この状況では、転倒した通常の選手とは重要な違いがある。オデゴールがたまたまボールの上に落ちたのではなく、彼の腕は外に出たが、その後、腕を体のほうに引き戻した。VARはその点に注目していた。彼は、オデゴールが腕を体に戻すことで自分を小さくしようとしたケースだと考えた。これこそ重要な要素だ。本能的なものであれ、意図的なものであれ、腕をボールの方に戻すことで大きなアドバンテージを得ることができる。このような状況ではペナルティが必要であり、私もそう思う。それだけに、この一件は正しい結果には至らなかった」

 

トレントがファン賞を受賞

アレクサンダー=アーノルドといえば、12月のPFAプレミアリーグファン月間最優秀選手に選ばれた。
当然の結果だろう。リヴァプールの副キャプテンは、この1カ月を通して非常に素晴らしいプレーを見せていた。復帰が早ければ早いほどいい。

 

ケレハーのセルティック移籍の噂

セルティック、ブレントフォード、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンが、このアイルランド代表FWに興味を示しているという。25歳のケレハーは、どこかでNo.1になることでキャリアを拡大することに前向きだろう。結局のところ、彼はリヴァプールで32試合しかトップチームでのプレー経験がない。クラブはそのことを承知しており、仮に彼が退団することになれば、それなりの移籍金がつくことも承知している。公正を期すなら、セルティックのようなクラブには到底無理な金額であることは間違いない。今のところ、彼はマージーサイドで必要とされている。1週間後のクレイブン・コテージでは、リヴァプールが再びウェンブリーでの決勝進出を決めるため、彼は先発することになるだろう。

 

ウィリアムズがポート・ヴェイルに移籍

リス・ウィリアムズのレギュラーのトップチームサッカーを見つける探求は続いており、22歳の彼はシーズンの残りの間、リーグ1クラブのポート・ヴェイルにローンで加入する。このセンターバックは、スコットランド・プレミアシップのアバディーンで定位置を確保できずに復帰したが、昨シーズンのスウォンジー・シティ(7試合出場)とブラックプール(17試合出場)で不本意な成績を収めて以来、4度目の幸運を期待したいところだ。

 

クメティオの呼び戻し

リヴァプールは1月にも、ビリー・クメティオのレンタル移籍を解消するため、多くの選手を呼び戻した。
このフランス人ディフェンダー(21歳)はリーグ2のUSLダンケルクに所属していたが、前半戦は9試合の出場にとどまり、マージーサイドに戻った。
ウィリアムズ同様、またレンタル移籍の可能性が高い。U21でのプレーは、18歳でトップチームでのプレーを経験し、印象的なアンフィールドでの生活をスタートさせた後、成長が鈍化している選手には不向きだ。

 

レッズ、FAカップの対戦相手が決定

水曜日のFAカップ4回戦、ブリストル・ローヴァーズとノリッジ・シティが3回戦再試合(日本時間午後7時45分)で対戦する。
10日前にキャロウ・ロードで1-1で引き分けた両者は、1月28日(日)にアンフィールドを訪れるチャンスをかけて、メモリアル・スタジアムで戦うことになる。

 

ハウグ、マンチェスター・シティ戦で復帰へ

ソフィー・ローマン・ハウグは、日曜日に行われるFA女子スーパーリーグのマンチェスター・シティとのリヴァプールFC女子遠征で復帰するようだ。
この選手は、先週末のアドビ女子FAカップ4回戦、ブリストル・シティ女子戦に足首の問題で欠場したが、マット・ビアード監督はLiverpoolfc.comにこう語った: 「ソフィーは戻ってきて、日曜日に出場できるはずだ。彼女は足首に問題を抱えていたが、今は落ち着いている。彼女は金曜日に部分的なトレーニングを行い、土曜日には完全なトレーニングを行った。」
ヤナ・ダニエルズも膝の故障から復帰し、ブリストル・シティ戦で離脱したキャプテンのテイラー・ハインズの状態も見極めなけれなならない。そして、リアン・キールナンは臀部の故障で週末は出場できない。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.