日本、バーレーンに3-1勝利でアジアカップベスト8進出

日本、バーレーンに3-1勝利でアジアカップベスト8進出

水曜日、日本はバーレーンに3-1で勝利し、カタールでのアジアカップ準々決勝進出を決めた。

ワールドカップで活躍した堂安律とレアル・ソシエダのスター選手、久保建英がサムライブルーにゴールをもたらした。

さらに、ゴールデンブーツ候補の上田が今大会4点目を挙げてリベンジし、ドーハのアル・トゥマーマ・スタジアムで記録的な4度のアジア王者による圧倒的勝利を完成させた。

しかし、日本代表の森保一監督にとって、ラウンド16での勝利は代償を払ったかもしれない。セルティックのMF旗手怜央は前半に足を痛めてしまった。

日本は土曜、準々決勝でアル・ライヤーンのエデュケーション・シティ・スタジアムで、ラウンド16でシリアと対戦した勝者であるイランと対戦する。

ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンのFW三笘薫は、足首の負傷でグループステージ3試合を欠場し、後半からベンチスタートとなり、今大会初出場を果たした。

バーレーンのゴールキーパー、エブラヒム・ルトファラーはコーナーキックから板倉滉が頭でゴールを狙ったが、セーブを許してしまった。

サムライブルーは、31分に毎熊晟矢がロングレンジシュートを放つと、堂安がゴールに叩き込み、圧倒的な攻撃力で先制点を奪った。

堂安は「毎熊の素晴らしいシュートが僕のパスに落ちてきた。常に準備はできていたが、得点できて嬉しかった」と語った。

さらに板倉がヘディングシュートでゴールに迫ると、49分にはバーレーン守備陣のミスタッチから久保がゴール真正面のオンサイドに流し込み、日本が2点目を挙げた。

「とてもタフな試合だったけど、イラク戦とは違って、ボールを奪い合っても負けることはなかった。少しでもゴールに貢献できてよかったです」と久保は語った。

しかし、セットプレーの守備が不安定だった日本は、またしてもクリーンシートを達成することができなかった。

バーレーンの貴重なコーナーキックを守った鈴木は、納得のいくパンチングができず、64分にはゴールライン上で上田と衝突し、ボールがネットにこぼれてしまった。

日本人とガーナ系アメリカ人の血を引く21歳のGKである鈴木は、SNS上で罵詈雑言を浴びせられており、日本サッカー協会はこの嫌がらせを非難した。

その8分後、フェイエノールトのストライカーである上田が、毎熊のアシストを受けながらエリア内右から冷静にゴールを決め、日本のリードを2点に戻した。

「(バーレーンは)コンパクトに保とうとしていたけど、隙があるなと感じた。パスの出し手とタイミングを合わせて動けば、彼らの背後を取れると感じた」と上田は語った。

「厳しい試合が続くが、チームのためにという気持ちを全員が持つことが重要だ。何が何でもトーナメントで勝ちたいし、次のトーナメントでも勝ち進みたい。」と堂安は語った。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.