日本代表の伊東が性的暴行疑惑を否定

日本代表の伊東が性的暴行疑惑を否定

サッカー日本代表の伊東純也選手が、昨年2人の女性が性的暴行を受けたとの告発を否定し、虚偽の申し立てで刑事告訴を行ったと、彼の弁護士が木曜日に発表した。

ある捜査関係者によれば、大手出版社のニュース・サイトが女性たちに合意のない性的行為があったと報じたことを受け、女性たちが伊東を刑事告訴したため、30歳の伊東は大阪府警の捜査を受けているという。

報道によると、2022年のFIFAワールドカップに日本代表として出場した伊東は、昨年6月、日本代表としてペルー代表と対戦した後、大阪のホテルで、泥酔していた女性たちに性的な行為をした疑いがあるという。

水曜日にデイリー新潮に掲載されたこの報道は、ドーハで行われたアジアカップのラウンド16、バーレーン戦の数時間前のことだった。フランスのスタッド・ドゥ・ランスに所属するミッドフィルダーである伊藤は、日本が3-1で勝利し準々決勝に進む中、この大会で初めてベンチに残った。

伊東の弁護士は、この疑惑は「まったく根拠のないものだ」と述べた。伊東は2人の女性と一緒に過ごしたが、彼女たちの証言には一貫性がなく、申し立てを裏付ける物的証拠もないと訴状には書かれている。

日本代表の森保一監督は水曜日の試合後、記者団に「(疑惑について)まだ完全には把握していない。検証した上で対処したい」と語った。

このウェブサイトは、木曜日に最新号が発売された大手週刊誌『週刊新潮』の出版社が運営している。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.