リヴァプール、リーグカップ10度目の優勝!感動の勝利にメディア各紙が称賛

リヴァプール、リーグカップ10度目の優勝!感動の勝利にメディア各紙が称賛

リヴァプール、ウェンブリーでチェルシーを破り10度目の栄冠

リヴァプールは2月26日(月)、ウェンブリー・スタジアムで行われたEFLカップ決勝戦でチェルシーを1-0で破り、大会史上10度目の優勝を飾った。

試合経過
リヴァプールは前半24分、ライアン・フラーフェンベルフがモイセス・カイセドのタックルを受けて負傷交代を余儀なくされる。さらに、後半37分にはファン・ダイクがヘディングシュートを決めたものの、遠藤航がプレーに干渉していたとして、オフサイドと判定され、ゴールが取り消されるなど、苦しい展開を強いられた。

しかし、リヴァプールは諦めなかった。延長戦95分、フィルジル・ファン・ダイクがコーナーキックからヘディングシュートを決め、劇的な決勝ゴールを奪った。

若手選手の活躍
この試合でリヴァプールは、多くの主力選手が怪我で離脱しており、若い選手たちが多く起用された。中でも、19歳のハーヴェイ・エリオットは、攻守にわたって活躍し、MOMに選ばれた。

監督の采配
ユルゲン・クロップ監督は、試合終盤、経験豊富な選手を交代させ、若い選手たちを投入した。この采配が功を奏し、リヴァプールは勝利を収めた。

メディアの称賛
この勝利に対し、イギリス各紙は「感動的」と激賞した。以下はその一部。

・The Times(マルティン・サムエルセン氏)
「リヴァプールは、チェルシーが持っていない精神力、団結力、そして繋がりを見せつけた。彼らは、単なる個人の集合体ではなく、真のチームだ。」

・The Times(ヘンリー・ウィンター氏)
「ファン・ダイクは、試合終了後、感極まって涙を流しているように見えた。これは、彼がチャンピオンズリーグ決勝でMOMに輝いた時でさえ見られなかった光景だ。」

・The Telegraph(クリス・バスカム氏)
「ファン・ダイクは、まさにこの試合のヒーローだ。彼は、2005年の『イスタンブールの奇跡』を彷彿とさせる、魂のプレーを見せた。」

・The Times(ポール・ジョイス氏)
「リヴァプールは、試合終盤、わずか3人のレギュラー選手を残して戦うことになった。しかし、彼らは最後まで諦めずに戦い、見事に勝利を収めた。」

・The Independent(リチャード・ジョリー氏)
「お金で買えるものは限られている。チェルシーは、リヴァプールが持つ精神力、野心、そして決意を買うことができなかった。」

・The Guardian(ジョナサン・リュー氏)
「リヴァプールの選手たちは、誰もが怯えていたり、場違いな様子ではなかった。彼らは、リヴァプールの真っ赤なユニフォームを着れば、背番号が何であれ、自分が何をすべきか、そして何を求められているかがわかっているかのようだった。」

・Liverpool ECHO(ポール・ゴースト氏)
「皮肉なことに、この大会の重要性を軽視する人がいるかもしれないが、それは全くの見当違いだ。このような瞬間こそが、サポーターがこのスポーツを愛する理由。」

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.