リヴァプール、夏の間の移籍不安を沈黙させた意外な選手が登場

リヴァプール、夏の間の移籍不安を沈黙させた意外な選手が登場

フィルジル・ファン・ダイクと並んでセンターバックでプレーするジャレル・クアンサがバーンリー戦でスタメン出場しても心配することはほとんどないだろう。

それは、夏に一部のリヴァプールサポーターが「悪夢のような状況」と信じていたことの現実化だった。そして、状況を悪化させるために、アンソニー・テイラーがど真ん中にいた。

日曜日のアーセナル戦でのプレミアリーグの敗戦終了間際、主審がイブラヒマ・コナテに2枚目のイエローカードとレッドカードを出したという決定は、ユルゲン・クロップを含む、それを一貫性のない判定だと見なしていた人たちの怒りを買ったばかりでなく、コナテを土曜日のバーンリー戦出場停止処分にしてしまった。

ジョエル・マティプはACL負傷で残りのシーズン出場停止、ジョー・ゴメスはここ数カ月間チーム内の別のポジションで活躍していたため、レギュラーシーズンにセンターバックとしてプレーした選手はファン・ダイクのみが残っていた。

3年前、ファン・ダイク、ゴメス、マティプが離脱し、デヤン・ロヴレンが退団した時に、リヴァプールはオザン・カバクとベン・デイビスというセンターバックを獲得しなければならなかったが、結果はあまり芳しくなかった。実際、リヴァプールは昨夏の移籍ウィンドウを通じてセンターバックの獲得を目指していたが、最終的には様子見にすることを選び、一部のサポーターの怒りを買っていた。

しかし、コナテのレッドカードでリヴァプール守備の中心選手のオプションがさらに少なくなった際にも、ほとんど驚きは見られなかった。

アカデミー卒業生の彼は、このシーズンにユースからのブレークスターであることを証明したため、出場停止中のコナテの代役として強力なオプションとなるだろう。驚くべきことに、シーズン前、クアンサはリヴァプールのために公式戦に出場したことはなく、2021年12月に3回ほどメンバー外となっていただけだった。

昨年のこの時期、彼はリーグ1のブリストル・ローヴァーズにレンタル移籍し、まだ3回目のシニア出場に備えていた。

しかし、クアンサがリヴァプールのファーストチーム選手になる素質があることはすでに示されていた。彼は2021年にアストンビラで行われたFAユースカップ決勝で敗れたU18チームのキャプテンを務め、昨年5月にはU20ワールドカップでイングランド代表としてレギュラー出場していたが、16強でイタリアに敗れ、クアンサへの論議を呼ぶPK判定があった。

そして、8月にニューカッスル・ユナイテッドでリヴァプールデビューを果たしてから、その経験の浅さを感じさせない落ち着きと自信、守備に必要な嗅覚とボール保持能力を発揮している。彼は最高レベルでホームのような落ち着きを見せている。

ヨーロッパリーグではユニオン・サン=ジロワーズ戦で初ゴールを決めているが、トーナメント序盤のトゥールーズ戦では劇的な同点弾の可能性があったシュートが物議を醸す形で取り消されていた。

彼はまだプレミアリーグでの出場は3回、リヴァプールでの通算出場は17回とキャリアのスタート地点に立っていることを忘れがちだが、先週チェルシー戦の前にクロップ監督がコナー・ブラッドリーのインパクトについて聞かれた際の「なぜこのタイミングでクアンサについて誰も言わないのだろう? すべて順調だ。コナーも好きだが、クアンサは昨日21歳になったばかりだ。このようなことはよくある。ただ、驚いているだけだ」という言葉からも読み取れる。

まだ若いクアンサがキャリアにおいて避けられない壁にぶつかったときのことを考えると、彼の気質のすべてはそれを乗り越えてくれることを示唆している。

最近フルバックとしてプレーしていたゴメスは、アンドリュー・ロバートソンとトレント・アレクサンダー=アーノルドが4ヶ月ぶりに同時スタメンとなった場合、ファン・ダイクと並んでプレーするオプションになるかもしれない。しかし、クアンサが起用されたとしてもそれが何の心配にもならないという事実は、アカデミー卒業生クアンサがすでに高い評価を受けていることを示している。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.