大谷翔平、3安打の活躍で順調な術後回復をアピール

大谷翔平、3安打の活躍で順調な術後回復をアピール

ロサンゼルス・ドジャースは3月3日(日)、大谷翔平が3打数3安打、1三塁打、2打点、2得点と大暴れし、7-4でコロラド・ロッキーズを下した。

オフシーズンにドジャースと巨額契約を結んだ大谷は、9月に受けた2度目のトミー・ジョン手術からの復帰を目指し、アリゾナで行われているカクタスリーグの7打席連続出塁を達成した。

「おそらく、我々の予想より進んでいると思います」とドジャースのデーブ・ロバーツ監督はMLB.comに語った。

「今の調子を見れば、明らかに良い状態ですね。本人も驚いてはいないと思いますが。」

チームは大谷の回復に自信を持っており、手術後初めて2日連続の出場が予定されている。来シーズンまで投球はできないが、復帰を待ちわびている。

初戦は3月5日(火)に、元所属チームであるロサンゼルス・エンゼルスとの対戦が予定されている。

ドジャースが獲得したもう一人の日本人選手、山本由伸も、先週のデビュー戦で好投を見せた後、3月6日(水)にホワイトソックスとの2度目のカクタスリーグ登板が予定されている。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

No widgets found. Go to Widget page and add the widget in Offcanvas Sidebar Widget Area.